iPhoneから行動記録をつけて、Momentoで振り返って、ほぼ日手帳に一日をまとめる!

スポンサード リンク

@_harashinです。
2012年に入ってから、ほぼ日手帳カズンを使い始めました。
主に日記帳として使っていますが、一日ページが広くて、あれこれ書きたい僕にとってはまさに最適な手帳です。

ところで、このほぼ日手帳カズンには、

このように一日の行動を時系列で書けるスペースがあります。
せっかくこういうスペースが設けてあるんだから、毎日ちゃんと書きたい、書くんだったらいつどこで何をしたかがわかるように書きたい、と思っていました。

しかし、この行動記録。
「aTimeLogger」や「Timenote」に手を出してみたことはありましたが、なかなかうまく続けることができず挫折した過去があります。

これらの行動記録アプリでは、「睡眠」「食事」「仕事」「読書」などといった予め分類された行動を選択してログを取るんですが、その分類にあてはまらない行動が出てきたときに、どう入力すればいいのか悩んでしまって、なんだか面倒に感じてしまったんですね。

あと、iPhoneからじゃないと入力できないこと、Evernoteにログを残すのに一手間かかることも理由の一つでした。

そこで出会ったのが@ttachiさんのエントリでした。

Momento (Diary/Journal) 2.3.2(¥250)App
カテゴリ: ライフスタイル, ソーシャルネットワーキング
販売元: d3i Ltd – d3i Ltd(サイズ: 10.9 MB)
全てのバージョンの評価: (444件の評価)

Momentoに各種フィードを流しこめば一日の行動記録が一目瞭然になる…だと…!
これは試してみるしかないと思いました。

Momentoに読み込ませているフィード

  • Twitter公開アカウント
  • Twitter非公開アカウント
  • Instagram
  • Facebook
  • Foursquare
  • Flickr
  • ブログのRSS

Instagramからは「撮った写真」、Facebookからは「近況」、Foursquareからは「行った場所」、Flickrからは「食べた物の写真」が流れこんでくるようにしています。
そして僕がやろうとしてる行動記録を取る上で、肝になるのがTwitter非公開アカウントです。

大事なのはTwitter非公開アカウント

分類された行動から選ぶのがストレスになるのなら、はじめっから文字で書けばいいじゃない!というわけで、上記の@ttachiさんのエントリーを見た後、すぐに非公開アカウントを取得してログを取り始めました。

行動記録をすべて公開したいわけではないので、非公開アカウントに書くわけです。

やったことは以下のような感じ。

  • Twitterの非公開アカウントを取得する
  • iPhoneからはつぶやき専用のTwitterクライアントを使う
  • 思いついたときにさっとスピーディーにログを残せるようにしたいので、タイムラインを表示しない、つぶやき専用のTwitterクライアントが必要でした。
    さらに欲を言えば、つぶやきの位置情報を残してくれるものがいい…。
    いろいろ試してみましたが、これには「Chirpie」が最適です!
    iPhoneのドックに置いていつでも起動できるようにしてあります。

    Chirpie 2.0 2.0.3(無料)App
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
    販売元: Steve Reynolds – Stephen Reynolds(サイズ: 0.5 MB)
    全てのバージョンの評価: (3件の評価)

  • PCにも専用クライアントをインストールして、常時起動させておく
  • PCの前にいる時はPCのクライアントを使ったほうがいいです。
    Windowsユーザーの僕は、今のところ「Twit」を使っています。
    シンプルで使いやすいのが気に入っています。

    ヒビノアワ: Twitter用Windowsクライアント「Twit」できました
    Twitter用Windowsクライアント「Twit」できました

このようにしてログを残す上で大事なのは、ただひたすら「今何をしてるか、思いついたらつぶやく!」ことです。

「眠い」だとか「トイレなう」だとか「肩こった」だとか、そういったくだらないことを後で見返すことになりましたが、何をしてたかわからなくなるよりはいいかなと思っています。

毎日必ずつぶやいてること

参考までに、毎日必ずつぶやきを残すようにしているものを列挙してみます。

  • 起きたときには「起きた」
  • 食べたご飯の感想と満腹度「おいしかった。腹八分目」
  • 出かけるときには「出かけるなう」
  • 帰宅したときには「帰宅した」
  • 入浴前には「風呂る」
  • 入浴後には「風呂った」
  • 寝る直前には「おやすみ」

…たいしたことを書いてませんが、これでいいのです。

これ以外にも、何か作業を始めるときには「○○開始」、終わった時には「○○終了」と記録したり、あとはふと思い浮かんだことなどもメモとして残しています。

Momentoを見ながら日記を書く

一日の終わりにMomentoを起動するとこんな風に表示されます。

それを見ながら、ほぼ日手帳の時系列スペースにその日の行動を書きこんでいきます。

ページの左部分に時系列の行動ログを書いたあと、その右のスペースに日記を書き、左下に「その日のよかったこと3つ」、右下には雑感やメモなどを書いています。

日記を書いていると新たに気付くことが結構あって、そういうときは、日記書いててよかったなー、と思います。

そして、こうやって書き残した日記を、週の終わりに振り返る「週次レビュー」や、月の終わりに振り返る「月次レビュー」も実践していますが、これはまた機会があれば別エントリで…。

ところで、なんで日記を紙に書くのか

デジタルでログを取っておきながら、最終的には紙に書いてまとめているのには理由があります。

去年まではPosterousに日刊ブログを書いたり、「AtokPad」経由で日記をEvernoteに送ったりしていましたが、後になって感じたのは「見返しにくい!」ということでした。

情報を保存したり後で検索したりする用途にはEvernoteなどが最適だと思いますが、日記をパラパラめくって「あー、こんなこともあったなあ」と振り返るにはアナログな紙メディアのほうが断然向いていると思います。

加えて、ペンを持って紙に書くという行為を通じて、一日の記憶をより強く実感できるような感覚があります。
…うーん、この辺はなんかうまく言葉にできないですが。

しかし、Momentoに取り込んでるフィードはほぼすべてEvernoteにも取り込んでいるので、検索するときはEvernote、振り返るときにはほぼ日手帳カズン、という使い分け方をしています。

デジタルもアナログも上手に使って、より楽しくライフログが取れるといいですね!

スポンサード リンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。
気に入って頂けたら、RSSフィードの購読をお願いします。

RSS FEED

« »